男性

マンション管理会社のことはランキングで確認|隈なく確認するべし

不動産管理をより楽に

電卓とお金

賃貸管理や収益性が利点

不動産管理会社などが転貸を行うために物件のオーナーから一括して借り上げ、その際に入居率や手取額を保証してくれるのが家賃保証です。近年家賃保証に加入するオーナーが増えている人気の要因は複数あります。まず第一に管理業務の煩わしさから解放される点です。オーナーは入居者募集や賃貸契約の締結、家賃滞納者に対する督促などが必要となります。また建物共用部分の管理や、入居者同士のクレーム処理なども必須です。これらの面倒な賃貸管理業務を家賃保証の契約と同時に業者に全て委託することも可能です。また第二の家賃保証が人気の理由として、空室が生じた際の手厚い保証が挙げられます。入居者が集まらない場合でも、家賃保証を契約しておけば保証料による収入減はありますが、賃料の保証があるため安定した収益を得られます。

入居率保証と手取額保証

大きく分けて家賃保証には2パターンがあり、1つが入居率保証、もう1つが手取額保証となります。入居率保証は、家賃相場が下落した時に空室が増えた場合でも、家賃を下げることなく入居率相当額の保証をしてくれるのが特徴です。一方後者の手取額保証は金利が上昇して、仮に借入金の返済額が増えた場合でも手取金額を保証してくれる内容です。家賃保証のほとんどは前者の入居率保証が契約内容に含まれています。賃貸経営における大きなリスクである空室に対する備えと保証をセットで提供する仕組みです。業者側が一括借り上げを行うことで、賃料を相場に柔軟に合わせ、入居率を確保することでオーナーに安定した賃貸収益と手厚い保証をもたらします。