男性

マンション管理会社のことはランキングで確認|隈なく確認するべし

賃貸物件の管理

財布

管理すべき内容は

賃貸物件を経営する上で必要なのがその物件を管理することです。管理といってもその内容は広範囲で建物・設備の維持管理、入居者・退去者の応対、入居者のクレーム処理などです。特に賃貸管理で問題となるのが、設備の維持管理と家賃回収です。賃貸物件の場合には、設備の多くはオーナーに修繕する義務があるため、クレームに迅速に対応することが求められますが、修繕にも専門の知識が必要で対応しきれないケースも多くあります。また家賃回収もスムーズに行えれば問題ありませんが、借り主に問題がある場合には専門の知識と適切な対応が必要になります。特に退去時の精算はトラブルが多いため何かと苦労の原因になります。これらの業務を委託できるのが賃貸管理を行っている会社になります。

外部委託のメリット

賃貸管理会社に賃貸管理を行ってもらうメリットとしては、煩雑な処理をオーナー自らする必要がないということです。特にオーナーが個人で賃貸管理をしている場合には、繁忙期などに一人で対応しきれない場合といったことがありますが、管理会社であれば複数の社員が管理に関わっているので、繁忙期でも丁寧に対応することができますし、建物や部屋の修繕を行うさいの業者の手配も行ってくれるので、迅速に対応できます。また共用部分や外回りなどの定期的な清掃や設備の点検・検査なども外部委託することで建物を健全に保つことができ、快適な住環境を提供することができますし、空室が出た場合でも新たな入居希望者の入居率を上げることができます。